カナダ大学留学2019 C'est La Vie

To See the World, Things Dangerous to Come to

日本の大学とカナダの大学/カレッジの違いを徹底解説!海外進学・国内進学のメリットとデメリットとは?【最終編】

f:id:appleryugaku:20190327184243j:plain

Photo by MD Duran on Unsplash

ハイサイ٩( ´ᆺ`)۶

 

めちゃくちゃ遅くなってしまいましたが、日本の大学とカナダの大学/カレッジの違いを徹底解説!海外進学・国内進学のメリットとデメリットとは?の最終編をシェアしていきます!

ついに明かされる海外進学のメリットとデメリット?!(笑)

【前編】【中編】はこちらからどうぞ:)

また新しい情報が入ったら追記としてアップデートしていきます。

www.appleryugaku.world

www.appleryugaku.world

 

 

海外進学するメリットとデメリットとは?

メリットその1:価値観が広がる

なんといっても、他の国から来た言語もバックグラウンドも違う人たちと一緒に学べるので、自分の価値観が広がります。

そしてカルチャーショックもなかなか面白かったりもします(笑)

日本だと告白して付き合うようになりますが、他の国では「デート期間」なるお試しのような期間があり、それから自然と付き合うような形になるそうです。

それっていつから付き合ってんのか分かんなくない?(笑)

あと、私の偏見で中国人や韓国人は日本人のこと嫌いなのかなって思ってたんですけど、そんなことなくて出会ったほぼ全員が日本いいよね!って言ってくれました!

もちろん半日の人もいたけど…(笑)

国が違うだけで色々とこんなに違うんだなって、日本にいるだけだと絶対に分からないことを知ることができます。

 

メリットその2:深く学べる

私が在籍していた日本の大学では、授業はもう暗記!暗記!暗記!って感じで暗記すれば余裕でテストもパスできてGPA取れるって感じでした。大学受験でもそうですよね。

でもカナダのカレッジに入って思ったのが、暗記だけじゃなくて理解しないと付いていけない!!!ということです。

教養科目として取っているpsychologyやeconomicsなんかでも、教科書の内容を『暗記』ではなく『理解』しないとテストで良い点が全く取れません。

『なぜこうなるのか』という疑問を常に持って予習・復習をしないといけないというのが私にとって新鮮でした。

 

メリットその3:オプションが広がる

とにかくオプションが広がります。

カナダの大学を卒業すると、Post-Graduation Work Permit(通称ポスグラ)を取ることができるので、カナダで働くことが可能です。

さらに上手くいけば永住も可能です。

日本で働いてもいいし、カナダでも働いてもいい。

英語が出来るのならイギリスやオーストラリアにワーホリしに行くのもアリ。

もっと勉強したいのなら大学院に行くのもアリ。

(カナダだとカナダ内の大学を卒業した場合、大学院では英語の証明は必要ないって聞きました)

 

デメリットその1:お金がめちゃめちゃかかる

ブチ切れたくなるぐらいお金かかります(笑)

カナダでもアメリカでも、特に有名大学などは本当に「そんな金どっから持ってくんの?!」ってぐらい学費が高いので、海外進学したい人、特に有名大学に進学したいって人は家庭の経済状況と相談した方がいいと思います。

 

デメリットその2:経済的不自由

 違いその4でも挙げましたが、経済的不自由、結構辛いです。

せっかくカナダにいるからオーロラ見に行きたいし、ナイアガラ見てみたいし、アメリカにも行ってみたいし。

でもそんな時にバイトができずじまいで結局行けなかったり、親のすねかじりになってしまうことが多々。

そして生活費などもありがたいことに出してくれているので、肩身が狭い気持ちになってしまいます。

その分、日本の大学にいると自由にバイトもでき、春休みは「こんなに休んでいいのか?!」ってぐらい長いので旅行にも行きまくれます。マジで。(笑)

イギリスやらフランスやらタイやらに行っている友達のインスタを見て羨ましいことこの上なしって感じです(笑)

 

デメリットその3:日本での就職

これはUBCに通っている方から聞いたのですが、日本の大学生は就活セミナーなど大学で就活の面接練習をしたりSEの書き方だったりを教えてもらえたり、日本の就活情報が入りやすい環境にあります。

ですが、カナダだと日本の就活情報が入りにくいし、カナダと日本では就活状況が異なるのでSEだったり色々と違う点が出てきて、正直日本でそういうのをちゃんと対策している学生と比べたら圧倒的に不利な気がするらしいです。

 

デメリットその4:場合によっては孤独に苦しむ

自分の慣れ親しんだ故郷を離れて、しかも言語や文化の壁のある土地で暮らしていくって結構大変なことです。

もしあなたがシャイで積極的に輪に入って行けずに、仲の良い友達ができなかったりすると、孤独に苦しむかもしれません。

現状、私のカレッジでは留学生がほぼで同じ国籍同士で固まってしまい、なかなかその輪に入って行けません泣

授業で少し話す程度の人はいるけど、「一緒にどこか行こうよ!」みたいな子はぶっちゃけ1人もいないです(笑)

語学学校だとみんな友達〜〜みたいな感じなのでたくさん友達ができたけどカレッジに入ると急に…って感じでした泣

大学に編入して寮生活で友達ができることを願うばかりです( ˙-˙ )笑

 

まとめ

 

これまでで日本の大学とカナダの大学/カレッジの違い、そして海外進学・国内進学のメリットとデメリットをシェアしてきました。

少しは想像できたでしょうか?(笑)

どちらの道に進むかはそれぞれの自由です。

が!(笑)

どちらの道に進むにしても、大まかな目標は持っていきましょう。

自分を見失わないように。

自分に一番合った道を、色々な人と相談しながら決めていって欲しいと思います:)

 

では!

インスタ&Twitterのフォローと読者登録、よろしくお願いします♡

ポチッとするのも忘れずに!笑